ウェントワース女子刑務所 未分類 海外ドラマ

ウェントワース女子刑務所・S6 第6話のネタバレ感想!

前回あたりから、ソーニャの周辺が動き始めました。
リズがソフィアへの恐怖心をカズに吐露し、今回はカズがその裏付けに回り、
ヴェラも今まで思ってもみなかったソーニャへの疑惑を深める。

そしてソーニャはうまくいけば2日後には出所できる、と。

これ完全に伏線ですね。
間違いなくソーニャは目論見通りに事は進められず、
結構、酷い目に遭いそうです。

今回、リズを陥れ、ラジオの生放送で匿名の密告屋がリズであることを
ソーニャがばらしました。
そして集団で囲まれる。(思ったよりも酷い目にあいませんでした。
ここはもう少し痛めつけられた方が、ソーニャへのブーメランが強烈になると思ったのですが。。)

とにかく、カズはソーニャが殺人犯であることと、彼女が別の囚人に濡れ衣を着せたことをほぼ確信しました。

ブーマーを知的障碍者扱いしてまで、ウェントワース女子刑務所の天使に自らを仕立て上げたソーニャですが、
次回、あるいはその次ぐらいで大きな決着がつきそうです。
(あ、ブーマーは評価Cながら試験に受かりました。
かなり甘い試験のようです笑)

別の流れとしては。。
相変わらず不眠に悩まされ続けているウィルジャクソン。
ファーガソンを生き埋めにした悩みは深く、仕事中にも薬を大量に摂取して、
醜態をさらす。
それを優しく見守るのは事情を知っているカズのみ。

もうウィルの悪夢は、再びファーガソンが刑務所に戻ってくる瞬間まで続くのでしょうね。
戻って来た瞬間はウィルも錯乱するかもしれませんが、徐々にホッとして眠れるようになるのでしょう。
そんな気がしました。
つまりファーガソンが戻るまでウィルの悪夢は続く。。。

で、新キャラたちの動き。
潜入捜査官のリタはマリーの周辺を調べていたが、
マリーの仲間が大量に逮捕されたことから、内部にスパイがいる。
それは誰なのか?
で、当然リタにも疑いの目がいく、という流れが刻々と進んでいます。
マリーの古株の側近を煽って独房に押し込むことに成功したリタ。

今週はそんな感じの動きでしたが、
全体的にぎゅっと引き締まっていて面白かったです。
何といっても次回ですね。
ソーニャがどうなるのか。それが見ものです。

ウェントワース女子刑務所は毎週火曜日、Huluで更新中。


-ウェントワース女子刑務所, 未分類, 海外ドラマ
-

Copyright© ドラマ超特急 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.