ウェントワース女子刑務所 未分類 海外ドラマ

ウェントワース女子刑務所・シーズン4第10話のネタバレ感想!「虜」


今回は、アリーが再び薬に手を出した前回のラストを受けた話ですね。

アリーはビーに見限られたショック、寂しさから薬に手を出してしまう。

以来、すっかりジャンキーのように成り果て、
相手かまわずキスしたり抱きついたり、厄介なレズキャラとして
囚人たちからも見下される無残な状態。

かと言って、カズが積極的に薬断ちに力を貸すでもなく、
アリーは孤立していく。
ビーも、複雑な気持ちを抱えているが、彼女を突き放す。

今回、最も精力的に動いていたのは、新加入看守、ジェイクでした。
最初からゲイ疑惑もあったし、ファーガソンに近づいたり、
ヴェラに迫ったりと、何かと警戒されていた彼ですが、
徐々に地盤を固めていく様子が不気味です。




前回、ウィルジャクソンがミスってカズたちに屈辱の動画を
撮られてしまった。
そのスマホを奪ってくるとウィルに約束するジェイク。

そして、ジェイクが使ったのがアリーでした。
カズのスマホを取って来たら、望みのドラッグをやる、と言って。

それを実行し、ウィルからの信頼を勝ち取ったジェイク。
ヴェラを誘惑して寝ることにはすでに成功しているジェイクの
足場はかなり固いものとなってきました。

それもジョアン・ファーガソンの教えを効果的に取り入れたから、
ともいえます。

結果的に、最大の犠牲者となったのはアリー。
一度はビーに誓い、薬を絶っていたのに、また手を出してしまった。

ついに見かねたビーが、ヴェラに交渉して、
アリーを自分の棟に移して面倒を見ることに。
今回のラストは、薬で苦しんで眠るアリーの横に、
ビーが添い寝するシーンで終わりました。

アリーは苦しむでしょうが、これでビーとの関係も
復活しそうです。

その他のトピックスとしては。。

このところずっと子供のことでやきもきしていた
ドリーンは、カズが動いたせいで、ナッシュが元カノの
家を離れ、住まいも仕事もないことから、実家へ。
結果として子供とも遠く離れてしまうことになりました。

ブーマーは、暴れて独房に入れられるも、
無事、精子取り入れに成功。
だが、この精子にはちょっと謎が残りましたね。
マキシンのものではなさそう。。




そしてフランキー。
ビーの頼みで、ファーガソンの計画を潰そうと
動いていましたが。。

ちょっと嫌な予感のする最後でした。
もしかして、あのコップのアップは睡眠薬でも入ってた?
となると、フランキーはあの少年(シャイン)に襲われる?

やはりファーガソンが動きを読んでいたのか。。
次回、何かありそうです。

ウェントワース女子刑務所・シーズン4は毎週木曜日更新中!


いよいよ、あと2話です!

-ウェントワース女子刑務所, 未分類, 海外ドラマ
-

Copyright© ドラマ超特急 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.