国内ドラマ 運命に、似た恋

運命に、似た恋・第5話「秘密」、ネタバレ感想!

運命に、似た恋

話の進行具合でいうと、今回はちょっと停滞気味でした。
肝心の「秘密」の謎の核心については、明かされずじまいでした。

どうやら奥田瑛二には亡くなった息子がいて、その子はユーリと同じ小児病棟にいた?
で、そっちが本物のアムロ?

「ヨシユキ君が生き延びて僕が死ねばよかったんです」とユーリが言っていましたが、どういうことなんでしょうね。。

最後の最後で、ちょっとカスミも気付きました。
具体的には朝起きたときにユーリが隣にいないというだけだったのですが(笑)
何か違和感を感じたっぽい。なぜだかは分かりませんが。




序盤は相変わらずイジワルな山口紗弥加ですが、
彼女に、「もうこの関係を終わらせたい」と言っちゃったユーリ。

「一度でも私を愛しいと思ったことがあった?」という彼女に、無言なのもどうかと。
嘘もついてやれず、「ごめん」とただ謝り、帰り際に泣く山口紗弥加。

後日、当たり前のようにビル清掃中のカスミに当ります。

でも、あの怒り方。掃除のおばちゃん侮辱しすぎw
大丈夫なのかなあ。NHKに抗議がきそうなぐらいの怒り方でした。

珍しくカスミも今回ばかりは黙っていずに、取っ組み合いになりそうに。
ここで元夫が絡んできて仲裁します。

彼は雑誌の記者になっていて、次回、ちょっと動くようですね。

予告で、ユーリの盗撮疑惑の記事を書かせるべく山口紗弥加がお金を払う、というような描写がありましたね。

それにしても、ユーリとカスミの小旅行は本当にメロドラマでした。
セリフの一つ一つがもう本当に甘ったるい。
2016年のドラマとはちょっと思えないぐらい、現実離れした甘すぎる二人でした。

私はおばさんだから、と何度も言うカスミですが、
行くところまで行っちゃいますね。

45歳のおばさんにだってそのぐらいのときめきがあったっていいよ!という見方が多いのか、
45歳のおばさんに、そんな夢みたいなことがあるわけないよ!と思う人の方が多いのか。

女性はどっちなんでしょうね。

まあ、ドラマだからね。
このぐらい夢を見せてくれた方が盛り上がるのかもしれません。

来年50になる原田知世がやっぱりきれいでした。。^^




-国内ドラマ, 運命に、似た恋
-

Copyright© ドラマ超特急 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.