ウェントワース女子刑務所 海外ドラマ

ウェントワース女子刑務所 シーズン3 第11話ネタバレ感想

ウェントワース2

ウェントワース女子刑務所・シーズン3・11話「生者と死者」

シーズン3も残すところあと2話。
ファーガソン看守長がだいぶじわじわと追い詰められてきました。

今回の要点
・ビーたちにリンチされたルーシーが病院から戻ってくる。

・ファーガソンに追い詰められて自ら目を刺したジョディも病院から戻る。

・ジョディの負傷した目を見て、フレッチが事故前の記憶を取り戻す。
ファーガソンが狙っていたのは、ウィル・ジャクソン。
その件をウィルにようやく伝えることができた。
ファーガソンの陰謀がいろいろと繋がっていく。
ウィルにビデオ(フランキーがメグ殺害を告白)を見せたのもファーガソン。
ウィルの家に、ビーの夫殺害の凶器を仕込んだのもファーガソン。
ファーガソンの命令で動く仕事人の男がいる。
その男がフレッチを車で轢いた。

・ファーガソンとヴェラの決別。ファーガソンがヴェラをビンタ!

・ルーシー(デブ軍団のボス)が病院から戻ってくる。
ドリーンとお腹の赤ん坊にC型肝炎をうつそうとしたして、
ビーとマキシンにボコボコニされた怪我からの復帰だが、
まだ車椅子で完治には遠い状況。

もうルーシーにつくものは誰もいない。
かつての手下たちも無様なルーシーを笑いものにはするが、
相手にはせず、孤独な状況。

ビーとマキシンがルーシーの前に現れる。
ルーシーは(やられた事は)誰にも言ってねえよ、と言う。
ビーは、ファーガソンにやられたって言え、と命令。
さすがにプライドが残っているルーシーは、取り合わない。
だが、結局、孤独を強いられ、笑いものにされ、
ヴェラに階段から車椅子ごと突き落とされそうになり、
実際、ヴェラは踏みとどまるが、叩き返そうとしたルーシー自ら
階段から転げ落ちてまたしても重傷。

医務室に顔を出すビー。
ルーシーはファーガソンにやられたと言うのだった。

ファーガソン以外の悪者→→→ジェス。
前回、フランキーの体内から取り出した薬物を少しずつ
ドリーンの珈琲の砂糖と混ぜて入れている。
ドリーンは気分が悪くなり、赤ちゃんはミルクを飲まず、
わんわん泣き続ける。

異常に赤ちゃんに執着するジェスが少し本性を見せる。
そして、ドリーンから離された赤ちゃんをついに抱くジェスだった。

次回はいよいよシーズン3の最終回。

(それにしてもあのフェンシングの相手だった、お父さんとの対話シーン。
お父さんは実在しない!というのをとうとう第三者(フレッチ)に見せましたね)

「あんたは完全に狂ってる……」

そして、ラスト。

フレッチにすべてがばれてしまったファーガソンが
とうとう手下の男に、フレッチ殺害命令を出しました。

ファーガソンの完全決着を迎えることができるのか!?

ウェントワース女子刑務所はシーズン3を更新中。
シーズン1、シーズン2はHuluでいつでも見れます。

-ウェントワース女子刑務所, 海外ドラマ
-

Copyright© ドラマ超特急 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.