日本映画 進撃の巨人

進撃の巨人・ハンジ(石原さとみ)の外伝・反撃の幕開け・dTVオリジナル

進撃の巨人・反撃の狼煙「反撃の幕開け」ネタバレ感想1

映画、「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」(8月1日・9月19日連続公開)の
外伝的エピソードがdTVオリジナルで始まりました!

前後篇2部作の映画で描ききれていない補完的エピソードですね。
↓ ↓ ↓


第1話は、石原さとみが演じる、兵器隊長“ハンジ”のエピソード。
映画の約1年前を描いています。
立体機動装置の発明秘話ですね。

ハンジが秘密裏に巨人を捕獲し、そいつを地下で飼って研究している。
どうやらそれは初めてではなく、二体目らしい。

巨人の弱点が首(うなじのあたり)であることは判明した。

だが、他は分からない事だらけ。

平岡祐太が新キャラクター“イズル”を演じていて、彼がハンジと交流することで
巨人との関わり合いがいろいろと説明されていきます。

巨人に痛点はあるのか?などいろいろ実験している模様。
(目を槍で刺したり、ちょっとエグい描写ありますw)

でも、彼女は巨人と意思の疎通はできるのか?

感情は通じ合えるのか?

ハンジは、それが一番知りたかったのかもしれません。

上層部より流れてきた情報によって、隠し飼っている巨人を
殺さなければならない状況になるのですが、

もしかしたら、巨人と感情が通じ合える?と思った瞬間、
巨人が殺され、ハンジは真実を知ることはできませんでした。

ハンジは深く落ち込みますが、その時のエピソードがヒントとなり、
立体機動装置が開発されることになります。

30分ちょっとのエピソードですが、面白いです。
映画を見た人は、見ておいて損はありません。

dTVへの加入が必要ですが、31日間は無料です。
(31日間以内に解約すれば、代金は一切掛かりません)

外伝は全3話。dTVのみで見ることができます!



-日本映画, 進撃の巨人

Copyright© ドラマ超特急 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.